週末にえちぜん鉄道で旅行する人必見!移動するには1日フリーきっぷがオススメ

青春18きっぷで福井まで行った際、昼食を

で取り、その後滝谷出村遊郭跡地

へ行きました。

福井駅からの移動はえちぜん鉄道を利用しました。

えちぜん鉄道とは

福井市から勝山市・坂井市を結ぶ鉄道路線を運営する、福井市・勝山市などが出資する第三セクター方式の鉄道事業者。

かつて、京福電気鉄道が福井県下で運営していた越前本線(現:勝山永平寺線)および三国芦原線を引き継いで運営するために設立されました。

えちぜん鉄道は綺麗なお姉さん(アテンダント)が乗務している!

えちぜん鉄道は他の多くの第三セクターの鉄道事業者同様ワンマン電車です。

しかし、朝夕の通勤時間帯及び昼間の一部を除き、アテンダントが乗務し、乗車券の販売、観光案内、高齢者の介助などを行い、笑顔で乗客に話しかけてくれます。

なかなか面白い取り組みだと思いました。

週末の旅行はフリーきっぷがオススメ

今回は福井→三国港→三国→福井と移動しましたが、福井→三国港だけで片道770円かかります。
往復で1540円。
時間の関係で寄れませんでしたが、途中芦原温泉に寄ろうものならもっとかかります。

そんな旅行者のために、えちぜん鉄道全線一日乗り放題のフリーきっぷがあります。

フリーきっぷの金額や条件

大人(中学生以上) 1,000円 こども(小学生) 500円

  • えちぜん鉄道一日フリーきっぷは、土・日・祝日・年末年始(12/30~1/3)のみ使用できます。
  • 日付記載日のみ有効です。(1ヶ月前より購入可能)
  • 三国花火大会(8月11日)は使用できません。
  • えちぜん鉄道全鉄道線にて有効です。
  • 何回でも乗り降りできます。
  • 購入後の払い戻しはいたしません。
  • お一人様の使用に限ります。

えちぜん鉄道有人駅および乗務員から購入できます。

えちぜん鉄道のアテンダントの映画が始まるよ

偶然にも2018年11月23日よりえちぜん鉄道のアテンダントを主人公にした映画が始まります。

その名も「えちてつ物語」〜わたし、故郷に帰ってきました〜

色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町
Posted at 2018.6.24
八木澤 高明
実業之日本社
販売価格 ¥2,592(2018年6月24日8時13分時点の価格)