遊廓跡地を訪ねて 住吉遊楽園

三重県四日市市富田一色の芸者置屋、料理屋、遊廓などが、風紀上問題となり、町から外れた1ケ所に集めることになりました。1930年頃、埋立工事により誕生したのが住吉遊楽園です。
三方が運河で囲まれた特異な地形になっています。

四日市市は戦争で大きな被害を受けましたが、この辺りは古い建物が奇跡的に多く残っています。

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

お茶屋さん。
営業はもうしていないようです。

住吉遊楽園

お茶屋さんの棟続きの建物。

住吉遊楽園

円窓の美しい建物。

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

住吉遊楽園

本物の旅館の魚半。

住吉遊楽園

うなぎ料理が売りのようです。

色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町
Posted at 2018.6.24
八木澤 高明
実業之日本社
販売価格 ¥2,592(2018年6月24日8時13分時点の価格)