想吃担担面と杏亭の不思議な関係

IMG_1982

小鬼來了(シャオグイライラ)の流れを汲む担々麺専門店の想吃担担面の汁無し担々麺

IMG_2124

杏亭 錦店の汁無し担々麺

上の画像は名古屋を代表する担々麺の店、想吃担担面と杏亭の汁無し担々麺です。
杏亭の方がネギが少ないですが・・・(汗)本店の方はもっとネギが多いです。
ネギが多いと仮定すると、麺・胡麻のペースト・ラー油どれもそっくりです。
正直、同じ皿で出されると、どっちの担々麺か見た目はもちろん、味も区別がつきません。

写真はありませんが、汁有り担々麺もそっくりです。
ここまでそっくりだと、訴えられそうなレベルですね。

想吃担担面 と杏亭がそっくりな理由

実は

來杏は、皆様に安心安全な日本の旬の食材をオーナーシェフが厳選し、中国料理の手法でおいしく召し上がって頂きたく誕生したチャイニーズレストランです。ランチ、ディナー、女子会、デート、記念日、宴会、接待まで、シーンに合わせてご利用ください。

のオーナーシェフをされている方が想吃担担面と杏亭をプロデュースしたからです。

同じ人がプロデュースしたのなら同じようなメニューになっても当然ですね。

ちなみに現在オーナーシェフをされている中国名菜 來杏の汁無し担々麺の写真は

想吃担担面とや杏亭と全く同じですね。

シェアする

フォローする