1年振りに「鮨屋とんぼ」でランチ

11時少し前に栄での用事が済み、今日しか行く時はない!と思ったのが新栄にある「鮨屋とんぼ」。

リーズナブルな金額で本格的な江戸前寿司が食べられるのですが、行列を敬遠し、しばらく間が空いてしまいました。

11時10分頃店の前に着くと既に10人以上の行列が……。

しかも前は関西弁を喋る男女の集団で大きなキャリーバッグを持って列も滅茶苦茶。

後ろは男女のカップルで男が声が妙に甲高く、株がどうのこうのと煩い。
挙げ句の果てに「立ち食いって本当に立って食べるんだ」とか高い声が耳障りで落ち着いて待つことすらできません。

昼の部は1回転30分の時間制になったのか、席が空いても案内がされません。
結局3回転目の12時30分から中に入ることに。

当然のように11貫のランチを注文。

寿司下駄。

いか。
ここで、醤油皿に醤油を入れて待機していた、隣の例の声が高い男が「醤油つけなくてもいいんだ」って煩い。
黙って食えや。

ハマチ。

ここで赤だしが登場。
薄すぎず、濃すぎず、この味加減が一番好きです。

まぐろと鰆のづけ。
ちゃんと手を加えた魚はトローンとしてマッタリした感じになるんですよね。

ホタテ。

中トロ。

サーモン。

鯵。

海老。

穴子。
ふわふわトロトロ。

玉子。

鉄火巻き(手巻き)

以上でランチの11貫は終了。
以下は追加のお好み。

しゃことぼたんえび。
ぼたんえびは尻尾の処理がきちんとされていて、そのままパクリと食べられます。

煮はまぐり。

これだけ食べて3,000円しないなんてとてもお得。

やっぱいつ食べても美味しいなぁ。
行列さえ無ければもっと通いたいのに……。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:寿司 | 新栄町駅高岳駅栄町駅

色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町
Posted at 2018.6.24
八木澤 高明
実業之日本社
販売価格 ¥2,592(2018年6月24日8時13分時点の価格)