驚愕!投資信託の仕組みを全く理解していなかったイケダハヤト

最近、パワーポイントに文字だけを記入したスライドに音声を追加した静止画をYouTubeに投稿し始めたイケダハヤトですが、ブログに「投信の成績表(KPI)」が公開!銀行系は含み損だらけ、ネット系は利益出てます。」を投稿していました。

(魚拓取得済み。安心してクリックして読めます。)

記事の要約

銀行投信は情弱向け……というのが明らかに。

銀行はダメ、ネットがいい。

銀行系、ひどいですねwww

三菱モルガン、5割以上が損失出しているってヤバイな……。

そして上位のコモンズ、レオスがすごい。セゾンも健闘してますな〜!

まぁ、とりあえず銀行で投信を買うのは情弱……ということですね。

これから始めるなら、おとなしく楽天証券あたりで「eMAXIS Slim」シリーズ買っておくのが最強ではないかと。

イケハヤは「先進国株式インデックス」「米国株式(S&P500)」に投資してます。

イケダハヤトが思っている投資信託「「eMAXIS Slim」」の仕組み

イケダハヤトお得意のミスリードか、本当に理解していないのかは不明ですが、イケダハヤトのブログを読むと投資信託(「eMAXIS Slim」)は下図の仕組みになっていると解釈しているように読み取れます。

実際の投資信託(「eMAXIS Slim」)の仕組み

実際の投資信託の仕組みをイケダハヤト お勧めの「eMAXIS Slim」を例に解説します。
実情に合わせ、投資家及び販売会社をそれぞれイケダハヤト と楽天証券とします。

  • 自称投資家のイケダハヤト は販売会社の楽天証券を通じて、「eMAXIS Slim」へ申し込みをします。
  • 申込金は受託会社の三菱UFJ信託銀行株式会社へ入金され、財産の保管及び管理をします。
  • 委託会社の三菱UFJ国際投信株式会社は受託会社の三菱UFJ信託銀行株式会社へ運用指図をし、三菱UFJ信託銀行株式会社が金融市場に実際に投資します。

銀行投信は情弱向け……というのが明らかに。

銀行系、ひどいですねwww

三菱モルガン、5割以上が損失出しているってヤバイな……。

と三菱UFJをdisっていたにも関わらず、「最強」とオススメしていた投資信託「eMAXIS Slim」は三菱UFJ系列の投資信託会社と信託銀行が運用指図と投資をしていたという事実。

無知なイケダハヤト は投資信託の目論見書すら読まないんですね。

ちなみに「eMAXIS Slim」は楽天証券のみならず、以下の銀行及び証券会社などの金融機関で購入できます。

投資信託の運用成績は販売会社(銀行だから悪くて、ネットだから良い)のではなく、どの投資信託を選ぶか、それ次第だと言うことをイケダハヤト に伝えたいです。

 

色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町
Posted at 2018.6.24
八木澤 高明
実業之日本社
販売価格 ¥2,592(2018年6月24日8時13分時点の価格)