JR在来線で浜松から豊橋まで快適に移動する方法

JRC 373 Homeliner.jpg
By 300VVVF投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link

私鉄(名鉄)と競合している名古屋ー豊橋間を快速電車で約55分で走行するJR。
しかし、その先からは私鉄と競合していないため、各駅停車となります。
浜松から豊橋までの所要時間は約35分ですが、できることなら快適に移動したいですね。
時間などの条件は限られますが、在来線でありながら特急車両で快適に乗れる場合があります。

ホームライナー浜松3号がそのまま浜松行きの普通電車に

主に通勤時間帯や帰宅時間帯に特急型車両などを使って運行される快速列車の1つのホームライナー。
乗車整理券が必要ですが、あくまでも快速列車の扱いなので、青春18きっぷで乗車することも可能です。

そのホームライナーの1つ、18時31分沼津発のホームライナー浜松3号は20時11分に浜松駅に到着します。
その後折り返しはせず、そのまま豊橋行きの普通列車となり、20時46分に豊橋駅へ行きます。

つまり、浜松駅に到着したホームライナー浜松3号に乗ると、そのまま豊橋へ行くことができます。
しかも列車は特急車両の373系。
30分という短い時間ではありますが、特急車両の座席で快適に過ごすことができます。

色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町
Posted at 2018.6.24
八木澤 高明
実業之日本社
販売価格 ¥2,592(2018年6月24日8時13分時点の価格)