遊廓跡地を訪ねて 番外編 名古屋市南区観音町

道徳のむかしをたずねて

2000年に地元の道徳小学校PTAが刊行した「道徳のむかしをたずねて」という本には以下の記述があります。

戦後、観音町の方にパンパン屋が何軒かできた。泉楽通のここに4~5軒あった。昔の警察の寮の場所もパンパン屋があった。進駐軍が遊びに来たと思う。パンパン屋は今で言う遊郭であった。港の方に幸楽園と名前を変えて行ったと思う。パンパン屋の名前は覚えていない。1軒の中に小さい部屋がいくつかあった。終戦当時にすぐできたと思う。終戦後にぎやかになった。ここの遊郭の女の人の病院のようなものがあった。人間の修理所があった。病院ではなかった。遊郭の人が病気になった時に行ったと思う。

この記述は地元の老人の談話によるもので、かつて遊里だったのは間違いなさそうです。

観音町

廓内に入る斜めの路地

観音町

観音町

観音町

観音町

観音町

廓内は完全に住宅街

観音町

単に古い家でした

観音町

こちらも廓内に入る斜めの路地

観音町

ぬこがお出迎え

観音町

観音町

銭湯が一軒ありましたが、綺麗に改装されていました。

観音町

廓内のメインストリート

観音町

どことなく妓楼跡に見えなくはない建物。

観音町

観音町

廓内の南東の端

観音町

やはり住宅街

観音町

メインストリートの北端から南側を望む

泉楽通へ

観音町から外れ、お隣の泉楽通へ。

泉楽通の由来はこの地にかつて「泉楽園」という今でいうスーパー銭湯のような娯楽施設があり、そこから来ているとか。

泉楽園についても先ほどの

に詳しく記述されています。

観音町

こちらは……無関係かな?

観音町

スナックが一軒

観音町

風格のある建物
遺構に見えるような見えないような……。

完全に住宅地と化して遊里の面影は一切ありませんでした。

色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町
Posted at 2018.6.24
八木澤 高明
実業之日本社
販売価格 ¥2,592(2018年6月24日8時13分時点の価格)