錦通りの栄近辺で「蒲焼町」の看板が掛けてある理由

IMG_2290
栄付近の錦通りに「蒲焼町」という看板が目に付くようになりました。

蒲焼町とは

錦三丁目は1966年(昭和41年)3月に住居表示の実施により複数の町が編入され成立しました。
そのうちの1つが蒲焼町です。

蒲焼町の名前の由来

諸説あり、

  • 香倍焼町が転じて蒲焼町となった説
  • 名古屋城の築城の頃、この辺りは蒲焼きを売る店が立ち並んでいた説

などがあるようです。

参考:
http://network2010.org/article/509

誰が設置したの?

「蒲焼町発展会」という旧蒲焼町のビルのオーナーの集まりのようです。

参考:
http://plaza.rakuten.co.jp/nagoyajyo/diary/200604210000/

 今から10年ほども前の話になるが、メインサイトで「中村遊郭探訪」というシリーズを書いていたことがある。中村区の、今で言う中村日赤やピアゴの周辺が、一時は日本国内屈指の遊郭(赤線)だったのを知ったことから始めた企画だ。その中で、名古屋の遊里の歴史を紐解いたのだけれど、「蒲焼町」と言う耳慣れない地名に行き当たった。名古屋...

シェアする

フォローする