くそオヤジはそこには居なかった「くそオヤジ最後のひとふり」

ユニークな店名で有名なラーメン店、unchiグループ。
その中で貝で出汁を取る、十三にあるラーメン店が「くそオヤジ最後のひとふり」です。

土曜の昼、13時15分くらいに店に到着しましたが、15人ほどの待ちでしょうか?45分ほど待って、ようやく案内されました。

ラーメンのメニューは

  • しじみらーめん=淡口醤油のあっさり味
  • あさりらーめん=濃口と淡口の合わせ
  • はまぐりらーめん=濃口

の3つのみ。

今回はあさりらーめんを選択。
ランチ時は貝餃子が250円のため、そちらも選択。

くそオヤジ最後のひとふり

薄切りのレアチャーシューが2枚。
あさりがたっぷり入っています。

くそオヤジ最後のひとふり

あさりは砂抜きがきちんとされていて、「ジャリ」っと音がすることはありません。
あさりの出汁をたっぷり含んだ醤油味のスープは甘く感じます。

くそオヤジ最後のひとふり

麺は中太の全粒粉。

くそオヤジ最後のひとふり

くそオヤジ最後のひとふり

餃子はタレではなく、塩で食べるタイプ。
餃子の中に「貝」を感じることはありませんが、餡自体に味付けがしてあるので、塩を付けなくても十分美味しくいただけます。

難をあえて述べれば、貝殻が一杯入っているので食べにくく、また貝殻から貝を取り出して食べるのに時間がかかり、行列にさらに拍車をかけているように感じました。

とは言っても、久々に「出汁」を感じるラーメンを堪能できました。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ラーメン | 十三駅

色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町
Posted at 2018.6.24
八木澤 高明
実業之日本社
販売価格 ¥2,592(2018年6月24日8時13分時点の価格)