亜鉛不足による味覚障害に要注意

kaki

子どもの野菜嫌いの原因の1つに子どもは味覚に敏感で、人間の本能として苦いものを嫌うためにピーマンなどの苦い野菜を避けてしまうことがあります。

加齢により、味覚が鈍感になり、苦い食べ物や飲み物も受け付けるようになるようです。

加齢により味に鈍感になるのはある程度仕方ありませんが、食生活が原因で亜鉛の不足により味覚障害になる方が増えてきているようです。

亜鉛を含む食べ物を意識的に摂取して、いつまでも美味しいものを美味しくいただきたいですね。

亜鉛を含む食べ物・食品

  • 牡蠣
  • うなぎ
  • 牛肉
  • チーズ
  • レバー
  • 卵黄
  • 大豆製品(納豆・きな粉・豆腐など)
  • そば
  • ゴマ
  • 緑茶
  • 抹茶
  • カシューナッツ
  • アーモンド
  • 海苔
  • わかめ
  • ヒジキ

また、ビタミンCを一緒に摂ると亜鉛の吸収率が上がるので、ビタミンCを含む食品も一緒に摂りましょう。

とは言っても一人暮らしなどでなかなか食事にそこまで気を使うことができないのも事実です。

そんな時はサプリメントで意識的に亜鉛を摂るという方法もあります。


シェアする

フォローする