台湾ラーメンの総本山「味仙 今池本店」

台湾ラーメンと聞くと台湾にこのようなラーメンがあると思いがちですが、台湾には台湾ラーメンなる食べ物はなく、味仙の店主、台湾人の郭明優さんが考案し、「台湾人が作ったラーメンだから台湾ラーメン」と名付けたのは有名な話です。

その台湾ラーメンの本家本元の味仙今池店へ行ってきました。

味仙 今池本店

元々、担仔麺をベースに作ったというだけあって、他店と比べて小ぶりです。

味仙 今池本店

私にとっては普通に食べられる辛さではありますが、唐辛子などが粘膜を刺激するのか、顔を近づけると思わず咽せてしまいます。

味仙 今池本店

酢豚
普通の中華料理店にあるパイナップルが入っているような酢豚は好んで食べませんが、台湾酢豚は好きです。
カラッと揚がった豚肉の唐揚げとピリ辛のタレがなんとも言えません。
付け合わせのきゅうりの酢漬けがさっぱりして良い口直しになります。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:台湾料理 | 今池駅千種駅車道駅

色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町
Posted at 2018.6.24
八木澤 高明
実業之日本社
販売価格 ¥2,592(2018年6月24日8時13分時点の価格)