遊廓跡地を訪ねて 神崎新地(戸ノ内新地)

昭和20年代、尼崎市内に非公認の所謂「青線」が出現し、それぞれ

  • 難波〔なにわ〕新天地
  • 難波新地
  • パーク街(神田南通)
  • 浮世小路(竹谷〔たけや〕町)

と呼ばれました。

これらは市内中心部で住宅地や学校にも近いことから問題となり、昭和30年に多くの業者が初島新地と神崎新地(戸ノ内)に移転します。

しかし、元の場所で営業を続ける業者もあり、そのうちのパーク街が現在の「かんなみ新地」

かんなみ新地の成り立ち かんなみ新地は昭和20年代、尼崎市内にできた所謂「青線」だった「特殊飲食店街」です。 神田南通に面することか...

になります。

初島新地と神崎新地は共に1958年の売春防止法施行後も営業を続けましたが、初島新地は大阪万博前に摘発により壊滅、摘発を逃れた神崎新地はその後も営業を継続。

しかし、1995年の阪神大震災による建物の崩壊などで廃業、自然消滅しました。

震災の影響で無くなったものの、遺構がそこそこあるという話を聞き、青春18きっぷを使い見学に行ってきました。

地図上ではJR東西線加島駅が最寄りの駅だったので加島駅から約20分かけて歩きました。

工場の間のかなり狭い路地を通り、モスリン橋を渡ります。

神崎新地

神崎新地

神崎新地

モスリン橋の名前の由来は、この橋は元々この地にあった「毛斯倫株式会社」が掛けた橋だったようです。

橋を渡って戸ノ内に入るとバス停があり、JR尼崎駅や阪神尼崎駅、阪急園田駅などからバスでここへ行けたようです。

神崎新地

神崎新地

カフェーではなく、純喫茶のようですが、建物としては遺構にしか見えません。

神崎新地

神崎新地

神崎新地

神崎新地

神崎新地

神崎新地

神崎新地

そこそこ遺構は残っているものの、町工場が立ち並ぶ地域になっていて、多くが工場や住宅に転用されていました。

神崎新地

神崎新地

神崎新地

すぐ近くには改良住宅もあり、訳ありな土地のようです。

神崎新地

神崎新地

神崎新地

遺構と同時に見ておきたかったのが、「神崎新地」と書かれた石碑のある神社。
探し回ったものの、バスが到着する時間になり、タイムアップ。
名古屋に戻り調べた結果、上の遺構の真裏(大きな木がある場所)でした。
しかも、バス停からすぐの場所。

神社はまたの機会に撮影したいと思います。

シェアする

フォローする

コメント

  1. すぃーでん より:

    壊滅前に行ったことがあります。
    4人で行って3人が順番待ちで、みんな終わって
    「どんな娘だった?」で話していると
    どうも同じ人で大笑いして帰りました。
    娘と書きましたがおばちゃんでした。

  2. 大津一城 より:

    貴重な現役時代の情報ありがとうございます。

    神崎新地は飛田のように顔見せは無いシステムだったのでしょうか?

    飛田やかんなみはレベルが高いという印象ですが、神崎新地は滝井並みのレベルだったんですね。
    かんなみもレベルが上がったのは最近で以前はおばちゃんばかりだったという話も聞きますし。