遊廓跡地を訪ねて 圓福荘

圓福荘とは

圓福荘は愛知県豊川市豊川町遠通辺りにありましたが、手元には詳細な資料は無く、成り立ち等は不明です。

しかし、伊那街道の宿場町ですぐ近くに日本三大稲荷の1つの豊川稲荷があり、元々人が集まりやすい場所だったということと、当時東洋随一と言われた豊川海軍工廠があり、兵士の慰安所を兼ねていたのかもしれません。

現在は遺構が2棟だけが残されています。

圓福荘

圓福荘

圓福荘

圓福荘

圓福荘

圓福荘

先ほどの妓楼跡の反対側、増築された部分です。

圓福荘

上の写真の増築された部分を逆側から。

圓福荘

もう1つの遺構。
綺麗にリフォームされているため、遊里の跡地と知らなければ気づかないかもしれません。

圓福荘

圓福荘

どちらの建物にも以前は「圓福荘」と書かれた柱が立っていたのですが、撤去されてしまったようです。

シェアする

フォローする