京都駅の手作り感溢れる駅弁「なかがわ 調進所 のおにぎり朝一番」

京都府福知山市にある猪崎新地跡地

猪崎新地とは 福知山市の猪崎新地は音無瀬橋の袂にあった遊郭が1899年に移転したことにより開かれました。 移転の理由は「遊郭をみる」...

へ向かうため、京都駅で東海道新幹線から山陰本線へ乗り換えしました。

いつものは青春18きっぷを使った貧乏旅行ですが、旅行の行程の時間の関係で、今回は止むを得ず新幹線の利用です。
安く朝食を済ませるため、京都駅で駅弁を物色していると350円のおにぎりを発見。

「おにぎり朝一番なかがわ」と書いてあります。

調べてみると、ちりめん山椒や京都駅で買える駅弁を作っている会社のようです。

京都祇園のちりめん山椒、お茶漬、お弁当など立鮮調進なかがわ

なかがわ 調進所

なかがわ 調進所

なかがわ 調進所

なかがわ 調進所

中には手作り感溢れるおにぎり2個が入っています。
一つはちりめん山椒と昆布、もう一つは昆布と一口大の鰆の西京焼が入っています。

ご飯の中のちりめん山椒は、量が少ないのかあまり味がわかりませんでした。
鰆の西京焼きちっさくて、もう少し大きさがあるといいなぁと思いました。

350円だからそんなものかなぁと思いましたが、記事の執筆のために調べていたら3年ほど前の他の方のブログの記事を発見。

おはようございます10月半ばともなると、朝晩が大分冷えるようになってきましたねそのため私の周りでは風邪気味の方が結構いるのですが、皆さんは大丈夫でしょうか?か&

同じ350円で松茸と鮭の西京焼入りで鮭も結構な大きさです。
消費税アップ後も同じ値段で提供するためにコストダウンを図られたのでしょうか・・・・・・?

ごちそうさまでした。

関連ランキング:和菓子 | 東寺駅京都駅九条駅

シェアする

フォローする