驚愕!設定が滅茶苦茶な「ミキの本格みりんラボ」

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

自称プロブロガー、編集者のイケダハヤト氏の奥方のブログ「ミキの本格みりんラボ」

公開後3週間経ってようやく記事の更新がありましたが、設定が滅茶苦茶になっていました。

元々は奥方のブログという設定で

こんにちは、「本格みりんラボ」のミキです。

「みりん風調味料」を使ってる方って多いですよね。私もかつてはそうでしたが、それってとっても損をしていると思います!

みりん風調味料は、やっぱり「みりん風」なんですよ。ほんとうのみりんとは、味がまったく違うんです。

値段はたしかに高めです。「みりん風調味料」は1リットルで300円くらいですが、添加物なしの「本格みりん」は一升瓶(1.8L)で2,000円以上しちゃいます。同じ分量にすると、4〜5倍くらいの値段差になっちゃいます。

でも!本格みりんにはその価値があるんです。

味がいいのはもちろんです。日本料理だけではなく、中華、洋食、お菓子やデザート、カクテル、そのままロックで飲んでもよし。旦那のイケダハヤトは、よくロックでみりんを飲んでます。

このサイトを通して、本格みりんの深い世界を知ってもらえれば嬉しいです。おすすめのみりん情報などがありましたら、お気軽にメッセージをください!

と女性が書いたような文体でしたが、8月12日の更新された記事はイケダハヤト氏本人が書いた文体になっていました。

ホットみりんうまいんですって。

ホットみりんに癒される日々。

最近は締めにみりんを飲んでます。えぇ、みりん。前も書いたけど、みりんって美味しいんです。あの記事からみりんが10本くらい売れました。ありがとうございます。みんなも買うといいよ。

味は「クセがまったくない、とろ〜んとしてて、あま〜い紹興酒」という感じ。ストレスがなく、すっと入ってきて、いくらでも飲めます。熟成香もまた絶妙。

これ、下手するとこどもがハマってしまいそうなレベルです。調べてみたら「幼稚園児の息子さんが夜中にみりんのお湯割りを飲んでいる事をどう思いますか?」という質問もありました。どう思うも何も。美味しいですから不思議ではない。

そもそもの話でいえば、「みりん」はお酒が苦手な女性のための酒類だったそうな。飲んでみると意味がわかりますよ。

お湯割りがモテる。

これ、そのままストレートで飲んでもめちゃんこ癒されるんですが、お湯割りが最高なんですよ

割合はなんでもOK。半々くらいでも、思い切って水10:みりん1くらいの割合でも、ちゃんと風味が香って美味しいです。ぼくはストレートで飲み始めて、徐々に薄くしていきますね。寒い夜にじゃぶじゃぶのお湯割り飲むと、「ふはー…」とため息でますよ。

「ホットみりん」は割と一般的かと思いきや、ネットを検索したんですが、あんまりレシピがヒットしません(ツイッターでもヒットせず…投稿写真埋め込もうと思ったんですが)。ということは、けっこう斬新な飲み方なんだと思います。

一目おかれたい男性のみなさん、今年の冬は「ホットみりん」を武器に攻めてみましょう。「もともとは女性の飲み物で〜」というウンチクも披露すると、めんどくさがられること請け合い。

本格みりんで試してね。

あ、一応の念押しですが、美味しいみりんじゃないとマズいと思います。みりん風調味料とかはやめておきましょう。ぼくは三河みりんが一押しですね。色々飲み比べていこうと思います。

み、みりんがこんなに美味しいなんて…。

もともとお酒なんですね。

衝撃を受けたんですが、「みりん」がお酒として激ウマなんです。麻薬。劇薬。一升瓶すぐになくなるレベル。

ぼくが飲んだのはこれ。米・米麹・焼酎しか入っていない「本格みりん」です。スーパーで普通に売ってるみりんは多分美味しくないので、飲むなら本格派を飲みましょう。一升瓶でも2,400円と、お酒として見ればお安いです。

味はですね、「紹興酒のような熟成香があり、フルーティーさと軽さも感じられるリキュール」という感じ。こちらは2年熟成しているそうで、いい感じの香りがあります。でも、クセがあるという感じではなく、女性でもグイグイ飲めます。

ラベルの説明書きを見たら、もともとは「みりん」って「甘いお酒」として楽しまれていたそうで。ですよね。これ、調味料にするにはもったいないレベル。お酒のジャンルとして確立すべき味です。いやー、完全にハマった。

ソーダ割りにしてもいいでしょうし、何より「ホットみりん」はかなりイケると思います。もうちょいと寒くなったら試してみます。確信があるんですが、これ絶対美味しい。高知らしくゆず果汁とか垂らしてもいいだろうなぁ。

高知で本格派みりん作っても面白いだろうなぁ…。「みりんをお酒として楽しむ」という文化を再興したい、というミッションが芽生えました。まずはみなさん、本格みりん飲んでみてください。驚愕しますよ。

一人称が「私」から「ぼく」に変わって、消耗ブログと同等の内容になりました。

炎上目的でわざとやっているのか、設定を忘れてしまったのかは定かではありません。

少なくとも読み手側の視点に立って文章を書けない時点で編集者として致命的ではないでしょうか?

2016年8月13日追記

消耗ブログの

のコピペ記事でした。

何がしたいのかさっぱりわかりません (´・ω・`) 。

シェアする

フォローする