年に2日間だけ外に開かれる飛田新地

普段、郭内に閉じ込められて写真撮影がご法度な飛田新地

写真撮影する気がなくても、手にスマートフォンを持っているだけで「兄ちゃんあかんで」とおばちゃんに叱られてしまいます。

その飛田新地が年に2日間だけ外に開かれる日があります。
その日は天神祭が行われる7月24日と25日。
飛田連合振興町会などが行っている「子ども夏まつり」が行われ、飛田新地の町並みを背景にだんじりの撮影をすることができます。

飛田こども夏まつり

スタート地点は飛田ふれあい会館です。
名前は存じあげませんが、地元の議員さんらしき方も挨拶にみえていました。

飛田こども夏まつり

13時からお祭りが開始です。
「わっしょい、わっしょい」地元の子ども達の声が響き渡ります。

飛田こども夏まつり

飛田こども夏まつり

飛田こども夏まつり

コメント

  1. まつ より:

    この日、たまたま私も新地に居ました。地域社会と共存する色街、感慨深いものが有りました。

  2. 大津一城 より:

    まつ様

    コメントありがとうございます。
    ひょっとしたらどこかで顔を合わせていたかもしれないですね。

    2020年7月25日、祭りが土曜日の時にまた見学に行きたいと思います。