大阪難波の自由軒、名物カレーの味は・・・

明治43年創業、大阪に初めてできた洋食店。
独特なルックスのカレーが有名な自由軒へ行ってきました。

結構な行列ができていましたが、雰囲気的にほとんどが観光客のような感じです。

いかないも大阪的な雰囲気の女将さんに案内され着席。
名物カレーを注文しました。

大阪難波 自由軒

具は細かく刻まれた牛肉と玉ねぎのみで、上に生卵が乗っています。

生卵が乗っていない部分を一口食べてみるとスパイシーで結構な辛さです。
しかし、辛いだけで味というか旨味を感じることができません。
当初、ドライカレーっぽいイメージをしていましたが、全く違い、本当にご飯とカレーが混ざっただけでした。

生卵を崩し、カレーと混ぜながら食べてみると多少マイルドになるものの、やはり旨味は感じず、卓上にあったソースを少しずつ追加しながら味を変えて完食。

明治43年創業ということで、当時のままの味を継承しているのなら、当然現代と食に関する文化が違い、味覚も変化しているでしょうから、「当時はこんな味のカレーだった」と思いながら食べればいいのかもしれません。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:カレーライス | 難波駅(南海)大阪難波駅近鉄日本橋駅

シェアする

フォローする