京都でステーキ丼、その名も「すてーき丼屋」へ行ってきました

京都のステーキ丼といえば佰食屋

国産牛のステーキ丼、やわらかいお肉の旨みが口いっぱいに広がります。一日100食限定です。(売り切れ次第終了)

が有名ですが、かなりの人気店で午前中に整理券を取りに行かないといけないため、今回は断念。

似たようなお店で評価の高い「すてーき丼屋」へ行ってきました。

叡山電車、元田中駅から徒歩2分のところにあります。

すてーき丼屋

黒毛和牛肉A3ランクステーキ丼、ステーキ追加を注文しました。

すてーき丼屋

味噌汁はなんと赤だしでした。
京都は15年ぶりにやってきましたが、食べ物の記憶はほとんど無し(汗)
京都の味噌汁は赤だしがデフォルトでしょうか?
名古屋人には嬉しい味でした。

すてーき丼屋

肉肉肉のオンパレード。
赤身の肉のレアなので、全くくどくなく、いくらでも食べられます。

すてーき丼屋

肉を避けて中のライスを取り出します。
上には刻んだガーリックフライが乗っていて、結構な量のソースがかかっています。

名古屋にもローストビーフ丼と一緒にステーキ丼を出すお店が増えていますが、ステーキ丼は見るからに肉の量が少なく、焼き加減も火が通り過ぎて美味しくなさそうに感じる店舗が多く、せめてこのレベルのステーキ丼を出して欲しいと思いました。

行く機会は滅多にありませんが、またいつか食べたいですね。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:ステーキ | 元田中駅茶山駅出町柳駅

シェアする

フォローする