遊廓跡地を訪ねて 島原(遊郭)

島原は、寛永18年の開設以来、公許の花街として発展してきました。
江戸の吉原と大きく異なり、老若男女の出入りも自由で開放的だったようです。
明治維新以後、1873年に歌舞練場が開設されましたが、立地条件の悪さのため除々にさびれてゆきました。
花街としての営業は1977年まで行われ、京都の六花街の一つに数えられていました。

島原はJR丹波口駅で下車し、JRの高架橋に沿って南下したところにあります。

今回、島原に着いた途端雨が激しくなり、思うような撮影ができませんでした。
可能なら再訪し改めて撮影したいと思いました。

島原遊廓

島原遊廓

島原大門の東門。

島原遊廓

島原遊廓

島原遊廓

島原遊廓

島原遊廓

島原遊廓

かの有名な角屋。
揚屋建築の唯一の遺構として、国の重要文化財に指定されています。

島原遊廓

島原遊廓

島原遊廓

島原遊廓

西門の石碑。
西門は車が突っ込んで、倒壊したとかで石碑のみ残っています。

島原遊廓

島原遊廓

島原遊廓

旅館「さんき」。
現役の旅館なので泊まることができます。

シェアする

フォローする