遊廓跡地を訪ねて 中書島遊郭

中書島遊郭は京阪本線「中書島駅」から北へ行った東柳町、西柳町あたりに存在していました。

中書島遊郭は江戸時代から存在していた遊郭で、昭和5年発行の全国遊廓案内によれば、貸座敷84軒、娼妓約400人の規模を誇っていましたが、1958年売春防止法の施行により閉鎖されました。

中書島遊廓

中書島遊廓

中書島遊廓

「中書島駅」を出ると右側にかの有名な「新地湯」がありました。
現役のお風呂屋さんだそうです。

中書島遊廓

その周辺はスナック街になっていました。

中書島遊廓

東柳町から。
1階部分は改装されていますが、遺構の雰囲気のする建物。

中書島遊廓

中書島遊廓

転業旅館でしょうか?

中書島遊廓

雰囲気のある細い路地を発見。

中書島遊廓

中書島遊廓

「萬平」という居酒屋さんだそうです。

中書島遊廓

中書島遊廓

中書島遊廓

中書島遊廓

西柳町へ入るとカフェーっぽい建物もありました。

中書島遊廓

中書島遊廓

中書島遊廓

中書島遊廓

中書島遊廓

「花柳」を改装し、現在は「ふじわら」という居酒屋さんだそうです。

中書島遊廓

そのお隣のラーメン店。

東柳町にはかなり大規模な妓楼の遺構があり、それをずっと探していたのですが、見当たらず。
雨が大降りになってきたのと次の予定もあり諦めて退散することにしました。
名古屋に戻ってから諸先輩方のブログを拝見し、2年ほど前に取り壊され、マンションになっていることを知りました。

橋本遊郭跡とは違い、中書島遊郭はその雰囲気を留めている遺構はほとんど無くなってしまいとても残念です。

また、中書島にはかの有名な坂本龍馬襲撃事件の舞台になった寺田屋や月桂冠の酒蔵もあるのですが、時間の都合により、またの機会に訪れることにしました。

シェアする

フォローする