コーヒーを飲んだ後の口臭が気になる原因

coffee

皆さんはコーヒーを飲みますか?
私はコーヒーが飲めないわけではないですが、誰かに勧められない限り飲むことはほとんどありません。
コーヒーの味がそんなに美味しいと思わないのと、飲んだ後の口臭が気になってしまうからです。

コーヒーを飲む人全員ではないですが、コーヒーを飲んだ後に口臭が気になる人っていますよね?
その原因を調べてみました。

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因となるものは、コーヒー豆に含まれている微粒子です。

コーヒー豆の粉末に混ざっている豆の微粒子が、コーヒーを飲んだ後に舌の表面の突起物に付着します。

この微粒子が唾液の分泌を妨げることによって口臭が発生します。

また、コーヒーを飲むと、舌に酸味や苦味が残ります。この酸味は口腔内のPHを低下させ酸性にします。口腔内が酸性になると細菌が繁殖しやすくなり、やはり悪臭の成分を発生してしまいます。

口臭を予防するには

水

水を飲んで舌の表面に付着しているコーヒー豆の微粒子を洗い流すことで口臭の予防対策になります。
また、水を飲むことで、唾液の分泌も回復し、口腔内のPHも中性に戻るので一石二鳥です。

シェアする

フォローする