遊廓跡地を訪ねて 中村遊廓その2

新たに写真を追加し加筆した記事が

の記事に新たに写真を追加し、加筆したものになります。 中村遊廓(名楽園)は名古屋市の大須にあった旭廓 ...

にあります。
よろしければこちらをご覧下さい。

その1は

新たに写真を追加し加筆した記事が にあります。 よろしければこちらをご覧下さい。 中村遊廓は、大正時代以降、名古屋市中...

です。

名楽園

名楽園
ピアゴ(ユニー)から東へ行ったところです。
旧屋号は「いづみ」でしょうか?
以前は某医療法人の看板が建っていたようですが、今は撤去されています。
手入れさえすれば、まだまだ使える立派な建物なので、解体だけは避けて欲しいですね。

名楽園
比較的新しいですが、手元の資料だと旧屋号「羽衣」の位置の建物です。

名楽園
旧屋号「いづみ」?から更に東へ行ったところ。
これもそうゆう建物に見えて仕方ありません。

名楽園
更に東。
遊廓から転業後、まだ営業を続けることができている数少ない旅館でしょうか?

名楽園
以前の鵜飼病院(現在は更地)の隣り。

名楽園
大門小路の入り口。
かなり怪しい雰囲気を漂わせています。

P1040479
大門からはかなり離れた西側。
これもそうゆう建物に見えて仕方ありません・・・。

名楽園
おまけ

中村遊廓の特徴

現在ソープランドとして残っている建物も多くは遊廓時代の建物をそのまま使用しており、今回撮影した遺構も含め、真上から見ると口の字やコの字状となっていて、中央には坪庭がある豪華な造りになっています。
yukaku

シェアする

フォローする