『五輪エンブレム問題に見る「佐野氏と小保方氏の違い」――精神科医・香山リカが分析』を読んで

N811_bu-ingusurudansei-thumb-1000xauto-14647

日刊SPA!にあの頭が基○外精神科医 香山リカの記事が載っていた。

東京オリンピックのエンブレムの使用中止が決まり、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会事務総長の武藤敏郎氏らが記者会見を行い、デザイナーの佐野研二郎氏が自身のホームページに見解を発表した。私はデ&

診察をしたことが無い人に対し、勝手に「自己愛性パーソナリティ障害」と診断し、不特定多数の人が読めるWebや週刊誌に公表する。そして、最後に取って付けたように安保法案反対の文章。

 安保関連法案に反対する学生組織SEALDsの集会ではよく、「国民」「なめんな!」「国民」「なめんな!」というかけ合い式のシュプレヒコールが行われるが、ここはオリンピック利権のまわりにいる「オレが特別扱いされるのは当然」と信じて疑わない自己愛人間たちにあえてこう言いたい。

「一般」「なめんな!」「一般」「なめんな!」

それこそ参院での安保法案の採決も近いとされる大切な時期に、まったくしょうもない問題が起きたものである。

まんま上の言葉は香山リカに返したい。
「自己愛性パーソナリティ障害」は香山リカ本人ではないのか?

シェアする

フォローする