社説で現実的にありえない徴兵制を煽る毎日新聞

a1240_000008

毎日新聞の社説にこんなことが書いてありました。

徴兵制と騒ぐのは風評被害をあおる異常な偏向報道です。
徴兵制うんぬんというのは民主党を始めとする一部の野党が一方的に言っているだけです。
現代の兵器は取扱いに高度の専門知識が必用であり、近隣諸国の徴兵のように2年程度の兵役ではとても使いこなせません。
現代自衛官は世界有数の選りすぐりのエリート集団構成されており、これに徴兵で集めた烏合の衆が加わったら、足手まといとなるだけです。

スイスは世界有数の武装国家です

仮に、兵器が素人でも扱えるものだったとして、スイスのように他国とは一切同盟を結ばず日本単独で個別的自衛権で自国を守ろうとした方がむしろ徴兵制が現実にものになると思います。
アメリカと同盟を結び米軍の力を借りて集団的自衛権を行使した方が徴兵制を取る必要がないことは冷静に考えれば誰でもわかることです。

永世中立国として存亡がかかっていたと言っても過言ではなかった今回の選挙。スイスという国自体にも注目しまとめてみました。

シェアする

フォローする