大阪難波から名古屋まで近鉄株主優待乗車券を使って急行を乗り継いで帰りました

8810系
以前の記事

最近、大阪へ遊びに行く機会が増えた大津一城です。 彼女と旅行へ行くなら贅沢に新幹線や特急電車で行きたいところですが、野郎同士あ...

で記載したように、近鉄で名古屋〜大阪難波間の普通電車の運賃は2,360円ですが、金券ショップで1,600〜1,700円位で購入できる株主優待乗車券を利用すると、期間限定・席数限定などではなく、常時利用できる交通機関で最安で名古屋〜大阪間を移動できます。

近鉄株主優待乗車券とは

IMG_2020

途中下車をしない限り、近鉄の普通・急行列車に区間設定なしで乗車できます。途中下車は無効です。特急列車に乗車するためには別途特急券を購入する必要があります。
1,000株以上10,000株未満で保有すると、片道乗車券の4枚セットが送られてきますが、これを換金する株主さんがいるので金券ショップで1,600円〜1,700円で購入することができます。

乗り換え及び所要時間は

  • 大阪難波から鶴橋駅
  • 鶴橋駅から伊勢中川駅
  • 伊勢中川駅から近鉄名古屋

と計2回乗り換えして、概ね3時間20分〜40分ほどになります。

乗り換えの際、JRで名古屋〜大阪の移動の場合、大垣で米原行きへ乗り換える時、駅に到着と同時にダッシュで階段を駆け登り、反対側のホームへ移動しなければなりませんが、近鉄の場合は同じホームで乗り換えができ、慌ただしくありません。

車両は

鶴橋〜伊勢中川区間はほとんどロングシートの座席であまり旅を楽しむ雰囲気はありません。

私が乗った時は伊勢中川の手前の青山町駅で一部の車両(後ろ2両)の切り離しがありました。
なるべく進行方向側の車両に乗っていた方が良いかと思います。

伊勢中川〜近鉄名古屋区間はロングシートのみの車両とセミクロスシートの車両が混在していました。
私が乗車した日曜の夜20時〜21時の時間帯はそれほど混雑していなくてクロスシートの座席に座ることができました。

まとめ

3時間20分〜40分ほど時間がかかるものの、常時購入できる乗車券で片道1,600円とほぼ最安で名古屋〜大阪間を移動できます。

高速バスの場合、限定の座席等で1,500円で購入でき、時間も通常なら3時間と速く移動できますが、交通事故や行楽シーズンで渋滞に巻き込まれる可能性もあり、到着の時間が読み難いです。

近鉄の場合も人身事故に巻き込まれる可能性もゼロではありませんが、高速道路の渋滞よりは可能性は低いのではないでしょうか?

より安く、より確実に定刻に到着したい場合、近鉄の急行による移動をお勧めします。

また、長距離の移動で腰痛や足腰の筋肉痛が心配になる方もいらっしゃるかと思いますが、それを軽減する秘密兵器があります。
これについてはまた後日記事にしたいと思います。

腰痛予防の記事をUPしました

お盆に入り帰省シーズン真っ只中。 またこの時期は青春18きっぷを使って旅行へ出かけている方も多いかと思います。 電車や高速バ...

シェアする

フォローする