白使(新崎人生)の全身に施された般若心経の秘密

hakushi
みちのくプロレスを中心に活躍する新崎人生選手。
アメリカWWEで活躍していた頃は全身般若心経のペイントを施した「白使」のリングネームでした。

この般若心経のペイント、特に背面部分は自分で書けるわけではないし、般若心経を書く専属の人を帯同させるのも非効率な感じがします。

いったいどうやって書いていたんでしょう?

本当はペイントじゃない白使の般若心経

実は、般若心経のタトゥーシールを貼っています。
これなら背面部分も同僚のレスラーや関係者に貼ってもらえば済みますね。

マスクを被る前のグレートムタはよく試合中にペイントが剥がれてほぼ「武藤敬司」に戻ることがよくありましたが、シールならば試合中に取れてしまう可能性も少なく一石二鳥です。

シェアする

フォローする