格安で名古屋から大阪へ行く方法

近鉄特急アーバンライナープラス 21000系

最近、大阪へ遊びに行く機会が増えた大津一城です。

彼女と旅行へ行くなら贅沢に新幹線や特急電車で行きたいところですが、野郎同士あるいは一人で行く旅行ならなるべくコストを抑えたいですね。

というわけでなるべく安く移動する方法をまとめてみました。

また料金は2015年5月現在の金額です。

高速バス

名古屋から大阪へは数社バスが運行しています。
料金について通常3000円位ですが、早く予約したり、時間帯によって割引があります。
移動時間は約3時間です。

名神ハイウェイバス

通常は片道3,000円ですが、席数限定で謝恩割があり1,500円で購入できます。
しかし、謝恩割りはすぐに完売するようで、何度か挑戦しましたが、未だ取れたことがありません。

ジェイアール東海バス

WILLER EXPRESS

通常は片道3,000円ですが、出発の時間帯によっては1,500円で購入できます。
土曜発でも16時30分〜18時30分発のバスは1500円で発売しています。
大阪への到着が夜になってしまうので、初日はあまり観光ができないのが難点です。

WILLER EXPRESS

名古屋特急ニュースター号

通常片道3,000円ですが、土曜発でも早売とネット割りを併用して2,350円から購入できます。
土日で観光旅行するなら一番手ごろな選択肢でしょうか?

名古屋特急ニュースター号

近鉄

普通・急行列車

近鉄で名古屋〜大阪難波間の普通電車の運賃は2,360円です。
しかし近鉄には途中下車をしない限り、近鉄の普通・急行列車に区間設定なしで乗車できる株主優待券があり、名古屋の金券ショップで1,600〜1,700円位で購入できます。
これを利用すると片道1,600円前後で大阪へ移動できます。
ちなみに大阪では物価が名古屋より安いのか1500円で購入できるお店もあります。

乗換の手順は

  1. 近鉄名古屋駅から名古屋線で伊勢中川駅まで移動
  2. 伊勢中川駅で大阪線の大阪上本町行きに乗換え
  3. 鶴橋駅で奈良線か難波線の大阪難波行に乗換

になります。

難点として、うまく乗り継ぎができ、急行を使っても最短3時間20分かかってしまいます。
時間はどれだけかかってもいいからとにかく安く移動したい場合にお勧めです。

特急電車(アーバンライナー)

名古屋〜大阪難波間の特急列車の普通車4,260円、デラックスカー4,770円と一気に料金が高くなります。
しかし、名阪まる得きっぷという回数券があり、普通車ならば名古屋の金券ショップで3,340円〜3,400円で購入できます。
大阪の金券ショップ、チケットスーパーでは2016年現在、3,300円で購入できます。
所要時間も約2時間10分で料金と時間のバランスが一番良いです。

JR

JRについては別途記事を更新しました。

以前、名古屋ー大阪間を格安で移動する記事を掲載しました。 JRの在来線で格安で移動するには青春18きっぷを使用する方法...

以下の記事は上記記事を掲載する前のものです。
参考程度にご覧下さい。

在来線

名古屋〜大阪間の運賃は3,350円で、所要時間はうまく乗り換えができて約2時間40分です。
料金・時間を考えると、ほぼ同じ料金で約30分速く移動でき、乗り心地の良いシートに座れる近鉄アーバンライナーで移動することお勧めします。

しかし、青春18きっぷを使うと最安になる場合も

ではJRが全く選択肢に無いかというとそうではありません。
季節限定の青春18きっぷを使うと1日あたり2,370円になります。
もし、宿泊せずに、日帰り旅行なら最安で名古屋大阪間を往復できます。
また、大阪での移動もJRのみを使用すれば現地の交通費も余分にかかりません。

新幹線

通常名古屋〜新大阪間で6,560円ですが色々な割引を使用するともう少し安くなるそうですが、新幹線はあまり詳しくないです。ごめんなさい。
また所用時間は約1時間前後で、料金はかなりかかりますが、当然最速で移動できます。

まとめ

一番コストを抑えて移動するには高速バスですが、人気が高くなかなか購入できなかったり平日しかやすくなかったり、到着時間が夜になってしまう等の難点があります。

バランスの良さでは名古屋特急ニュースター号や近鉄アーバンライナーになりますが、旅行へ行く時期・大阪へ到着する時間等を考えて、他の選択肢を選ぶと良いかと思います。

また、長時間の移動では足腰がかなり疲れるので

お盆に入り帰省シーズン真っ只中。 またこの時期は青春18きっぷを使って旅行へ出かけている方も多いかと思います。 電車や高速バ...

の方法をぜひお試し下さい。

シェアする

フォローする