私がWordPressではなくBloggerとTumblrを使う理由

image

WordPressはブログだけでなく、Webサイトを構築するCMSとして最も主流なソフトウェアです。
私も技術者として、WordPressのサイト構築の技術を知識だけでなく、実践して身に付けておきたいと思っています。
しかし、今現在、自分が運営するブログをWordPressで構築する気はありません。

WordPressは

  • 自分自身でサーバーにソフトウェアをインストールする必要がある。(レンタルサーバーがWordPressをインストールした状態でレンタルしてくれるサービスも今はある)
  • WordPress自体は無料だが、上記のようにサーバーに組み込むためサーバー代が必要になる。
  • 独自ドメインで運営することになり、ドメイン代が必要になる。

というように運営にコストがかかります。

そして「つかのくいだおれるがいいブログ」を見て欲しい。
このサイトは私の友人が食事に行く店を選ぶ時によく参考にしていたサイトです。
2014年8月19日に「雑誌に掲載されました」と喜んでいたにもかかわらず、翌8月20日には突然ブログを終了しました。
どんな事情があるかはわかりませんが、ほぼ毎日更新していたブログをやめてしまったのはそれ相応の覚悟があったのだろうと思います。
ドメイン代、サーバー代をこの運営者が支払いをしているうちはこのブログは閲覧することができます。
しかし、支払いを止めた途端、このブログを見ることはできなくなってしまいます。

それに対し、BloggerはGoogleが、TumblrはアメリカYahoo!が「やーめた」と言ってサービスを終了させない限り、私の身に何かがあってもずっと残り続けます。もちろん独自ドメインへリダイレクトさせている部分は切り離さないといけませんが。
せっかく手塩をかけて育てたコンテンツを、私が生きた証としてできる限りずっと残しておきたい。
そのためには定期的な料金の支払いが発生するサービスでは不可能であり、今現在考えられる安定したIT企業(浮き沈みの激しい業界であり数年後はどうなるかわからないが)が運営する無料ブログサービスとなるとBloggerやTumblrを選択せざるを得ないのです。

シェアする

フォローする