南方貨物線を巡る旅 2014年秋 Vol.7

涼しくなってきたのでまた南方貨物線を見てきました。
今回は笠寺方面から中島駅方面まで進行しながら、原則進行方向のみの撮影です。

Vol.7では愛知県武道館脇の市営丸池荘からの撮影と環状線から西側の断面です。

ささしまライブ地区は、もともと鉄道貨物駅でした。それが、手狭で使い勝手が悪く、中川区の荒子地区に移転が決まったのが、国鉄最盛期でした。当時は、あくまで 増え続ける鉄道貨物への対応としての移転であって、名古屋駅近辺の再開発は 二の次でした。ところが、時代が
によるとやはり、南方貨物線上の謎のパネルは太陽光パネルのようです。

シェアする

フォローする