名古屋名物味噌煮込みうどんの山本屋は偽物だった?

味噌煮込みうどんといえば山本屋が有名ですね。

しかし、山本屋は山本屋本店と山本屋総本家(とその系統)との2店が存在しています。
名古屋へ観光に訪れて、名物の味噌煮込みを山本屋で食べたけど、どっちの店で食べたかよくわかってなかったという話をよく聞きます。
私なりに調べたところ、山本屋は大正14年に創業した山本屋がルーツでその後暖簾分けで山本屋総本家として店舗展開しているお店が本流のようです。逆に言うと自称明治創業のもう片方のお店はそのルーツに関してなんの情報もありません。

味噌煮込みうどんは芯が残っていて固すぎて美味しくないとよく言われますが、これは山本屋本店を食べた人の味噌煮込みうどんの評価なのではないか?と思っています。
もちろん、味噌煮込みうどんは八丁味噌の濃厚な出汁に合うように硬めでやや芯が残るゆで方をしていますが、山本屋本店は固すぎですね。
味噌煮込みうどんは固くて不味いという評価は山本屋本店の影響が大きいのではないでしょうか?

山本屋本店にしろ味噌カツの矢場とんにしろ有名になりすぎて、観光客相手の店になり、地元の人はあまり利用していないのではないかという気がします。

話はそれますが、矢場とんへ一番最初へ行ったのはかれこれ20年前、当時の職場の先輩へ連れいかれて、今のようなビルではなく、地元のおっちゃん達が中日ドラゴンズの野球中継を観ながら串カツや豚カツを食べながらビールを飲む非常に大衆的な店でした。それが現在のビルになり、観光客の行列ができ、豚カツは作り置きし、冷めたものを客へ提供する残念な店になってしまいました。ビルになってから一度行きましたが、冷めた豚カツが出てきてから足が遠のいてしまいました。

私のお勧めの味噌煮込みうどんは名古屋市港区の「かやの」。元々は私の家の近所にあったのですが、今から30年ほど前にこの場所に移転しました。移転してからは食べに行く回数が減ってしまいましたが、食べログへの投稿も少ない知る人ぞ知るうどん店。私にとって思い出の味です。

山本屋以外の味噌煮込みうどんの有名店といえば名古屋市昭和区の「まことや」。こちらは有名店でありながら、地元の常連様も多いお店です。

「かやの」「まことや」どちらも山本屋本店ほど太くなく、どちらかというと平麺でやや芯が残っている感じ。
味噌煮込みうどんは固くて生煮えみたいで美味しくないという方は一度お試し下さい。

2014年9月6日追記
続編の記事をUPしました。

味噌煮込みの山本屋は大正14年大須にて創業し、その後「山本屋総本家」や「山本屋 今池」(私が今池ガスビル内のテナントに勤務していた時は山本屋...

シェアする

フォローする

コメント

  1. tershima より:

    いきなりすいません。
    かやのと名前の店は元々中郷にあった店ですか?
    子供の頃から慣れ浸しんだ味なので気になりました。

    • 大津一城 より:

      コメントありがとうございます。

      おっしゃる通り以前中郷にあったお店です。
      中郷にあった頃はよく食べに行っていましたが、十一屋に移転してからは家から遠くなったため、食べに行く機会が減ってしまいました。